mines(マイネオ)のメリットって?料金や速度など比較してみた

マイネオ料金プランと解約について

mineoの料金や初期費用・通信速度をご紹介していきます。現在契約中のスマホの料金と照らし合わせながら、mineoならどれぐらい節約できるでしょうか。考えてみてください。 mineoの料金プランを見てみましょう。

mineoの料金プラン

mineoの料金プランに関しては、データ通信を行う専用のSIMと、音声通話が可能になっているSIMとがあります。データ通信専用SIMは専用のアプリを入れなければ基本的に通話ができませんし、いろいろと制約も多くなります。一方音声通話SIMならば、070/080/090で始まる電話番号が利用でき、大手キャリアの携帯電話と同じように使いたい人は、データ通信専用SIMではなく、通話SIMを選択することになりますので間違えないようにして下さい。音声通話SIMの月額プランは、Aプラン(AU回線)が500MBで1,310円、1GBで1,410円、3GBで1,510円、5GBで2,190円、10GBで3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで1,400円、1GBで1,500円、3GBで1,600円、5GBで2,280円、10GBで3,220円です。

データSIMの料金は、Aプラン(AU回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円です。

mineoの2年縛りは?

mineoのMNP転出手数料について、説明していきます。mineoは最低利用期間を設けておらず、解約にも違約金がかからないので、解約違約金が発生する心配がいらないMVNOです。最低利用期間があるが故に、普通はなかなか気軽には契約しずらいスマホですが、mineoは手軽に試せるオススメの格安スマートフォンです。ただし1年以内にMNP転出をする場合のみ、12,420円の転出手数料が必要になります。音声SIMの契約も含めて検討されている場合には、この点には注意しておいた方がいいでしょう。

mineoの通信速度

ここでな、mineoの通信速度についてご説明していきまふ。mineoのドコモ回線を使うDプランはドコモと同じあの高速な最大225MbpsLTE回線ですし、auの回線を利用するプランでも、最大速度225Mbpsとなっています。様々な口コミやランキングサイトなどでもよく話題にあがりますが、やはり混雑時間帯では、auやドコモといったキャリア契約回線が圧倒的に通信速度は速いです。そこまでの安定した通信速度を求める方には、キャリアで契約する方が無難な選択です。キャリアとの提携プランといっても、それでも相当安くなるので、総合的に見てみると格安スマホのサービスは優れていると思います。

mineo Aプランにおける通信制限

どこのMVNOを利用しても一緒ですが、利用者全てが平等に使えるように、一定のデータ量を超えて使用している者に対しては速度制限を行っています。速度を制限する基準には直近3日間のデータ通信量が用いられ、定められたデータ容量を超えた人に対して、通信速度が規制されます。直前の72時間の通信データ量が一定の値よりも下がり次第、制限は特に手続きの必要もなく解除されます。通常利用している程度であれば、規定量を超えることはそれほどないと思います。mineoの場合、各契約プランごとの規定値は規定されていないようで、Aプランは、全プラン共通で3GB/3日が規定値になっています。

マイネオ docomo回線プラン通信制御に関して

mineoのドコモ回線プランですと、直近の72時間のデータ量で通信に速度制限がかかる、いわゆる「3日制限」はありません。動画なんかを沢山見たり、メールだけだったりとか、日によって通信量が結構変わる人には、そんな方は、制限があるau回線のいわゆるAプランよりも、3日制限を意識する必要がなく使えるでしょう。こういったプランの違いをよく理解した上で、比較検討するのが良いと思います。

mineoのチェックポイント

格安スマホのサービスの一つであるmineoついてご説明させていただきます。au、docomo、Softbankから乗り換えると、スマートフォンの月額使用料を大幅に削減することができると期待できます。mineoは、月額料金がわずか1310円ということで注目されています。国内で初めてのマルチキャリアMVNOであるmineoは、ドコモ回線とau回線が使える国内初のサービスを展開しています。電波のエリアや音声品質は全く一緒ですので、節約の味方になる頼もしい存在ですね。早速、mineoの速度や解約・店舗情報など、mineoのすべてを網羅しました。圧縮した携帯料金を何に使うか考えるだけでワクワク。

docomoとAU回線を利用した格安スマホ

格安スマホサービスを提供をしている株式会社ケイ・オプティコムは、mineoというサービスにおいて、docomoとAUの回線2つを利用してプランを用意しています。大手キャリアと同様の音質と品質を兼ね備えた通話を楽しめますし、通信エリアも他社に負けず劣らずとなっています。現在、auやdocomoのスマートフォンを使っていれば、その機体を継続して使用することができることが多く、わざわざ新しいスマホを買う必要はありません。乗り換え時にスマホを購入しなくて済むのは、庶民にとっては大変ありがたいです。当たり前の事ですが、mineo内で用意している格安スマホも購入してサービスを利用出来ます。全国にあるキャリア回線をお安く利用することができますし、プランもドコモ回線、au回線を選択することができます。2つの回線は月額料金が若干異なりますので、それぞれ比較しつつ、検討してから契約すると良いかもしれません。

VoLTE(ボルテ)対応!

VoLTE対応プランを取り入れたことで、注目を浴びているのがmineoです。VoLTEというのは、従来の音声通話よりも格段に音質が改善された、最も新しい通話スタイルのことです。今までの通話方式では、周波数、300Hz~3.4kHzの音のみ拾えました。今回のVoLTEでは、50Hz~7kHzまでと、格段に音域が広がりました。これで、従来よりもかなり高音質での通話が実現したということです。mineoの大きな魅力のひとつが、このVoLTEに対応しているということです。

データ量繰り越しが可能

更に、mineoになれば、高速データ通信の容量が余った場合に次の月へ繰り越せることで、パケットの通信料が月によって変わるという方にとっても、無駄なく使うことが出来るため、かなりお得です。

mineoスイッチを活用して、通信量を抑える!

さらに、mineoでは、mineoスイッチとよばれるものがあり、高速・低速のどちらにも通信速度を切り替える事が可能です。使用するデータ量が節約できるので、便利ですね。mineoスイッチとWi-Fiを上手に利用していただくことで、より安価な料金プランで済ますこともできます。スマホ料金を節約したい方の味方になることは間違いないですね!

締切間近の限定キャンペーン情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)