おすすめ格安スマホ「楽天モバイル」のメリット・デメリットまとめ

楽天モバイルの回線速度に関して

楽天モバイルの回線網は、最大で225Mbpsの高速回線です。これはドコモの回線と同じです。通信スピードに関しては、さすがはdocomo回線。安心の格安SIM速度と言えそうです。いちばん信頼があり安心できるdocomoと同じ回線を利用できることが、楽天モバイルの素晴らしいところです。楽天モバイルをはじめとした、格安スマホ・MVNOは、今後どんどん人気が出るのではないでしょうか。

楽天モバイルの72時間制限

どのMVNOでも変わりませんが、利用者が平等に快適に利用できるように、データ通信を使いすぎのユーザーには速度を抑える措置をとっていました。直近72時間のうちにどれだけデータ通信を利用したかによって、 予め決められたデータ通信の容量を超えたユーザーに対して、200Kbpsまで通信速度を落としてしまうことによって、全体の通信環境を適切に維持していましたが、直近3日間での通信制限が撤廃されたのです!つまり、楽天モバイルには、どれぐらいデータを使ったか、日々気にする必要はなくなった事により、かなり使いやすくなりました!

楽天の格安スマホの月額料金と解約に関して

楽天モバイルの契約料について、説明させて頂きます。現在お使いの携帯料金と比べながら、今よりどのくらい費用を節約できるのでしょうか。早速、楽天モバイルの料金プランを見てみましょう。

料金

楽天モバイルの料金は、SIMは、データ通信専用のものと音声通話付きのものとで分かれています。音声通話SIM使用では070/090/090の番号を使いますので、従来の携帯電話として使用する場合には、データ専用のSIMではなく、音声通話ができるSIMを選ばなければなりません。音声SIMの月額プランは、低速使い放題プランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円、20GBプランで4,750円、30GBプランで6,150円となっています。

データSIMの料金は、低速使い放題プランで、525円、3.1GBプランで900円、5GBプランで1,450円、10GBプランで2,260円、20GBプランで4,050円、30GBプランで5,450円となっています。

低速通信速度(200Kbps)が使い放題のプランがベーシックプランで、それ以外のプランはヘビーユーザーでも安心のドコモの262.5MbpsLTE高速回線が使えるプランになっています。楽天モバイルにかかる初期費用は端末代+3,240円です。

解約縛りについて

最低利用期間と違約金について、解説していきます。データSIMのご利用の際には、利用期間は特に定められておりません。自分の都合によりいつでも解約することができます。解約手数料は無料です。一方、音声通信SIMには、12か月もの契約縛りがあるのです。12か月以内に契約を解除された際は、違約金として9,800円の支払いが必要となります。キャリアと違うのは、縛り期間が自動更新されない点で、こちらの場合は、13ヶ月を過ぎればいつ解約してもペナルティがかからないのがメリットです。

楽天モバイルの特色まとめ

MVNOの一種である楽天モバイルでは、格安のSIMおよび格安スマホを提供しています。auなどの大手キャリアから、楽天モバイルに乗り換えた場合、月額使用料を大幅に低くすることも可能です。現在話題となっているのが、月々1250円で利用できるSIMサービスです。安くできるのは、楽天モバイルが既存のNTTドコモの回線を使用しているからということもありますが、繋がるエリアや通話の品質などもドコモのスマホと全く一緒です。しかも楽天モバイルの契約期間中は、楽天市場でのお買い物で2倍のポイントがもらえる点も魅力の一つです。楽天モバイル?という方の為に、楽天モバイルの速度や評判・口コミをまとめてみました。お見逃しなく!

docomo回線を使った格安SIM・格安スマホ

楽天モバイルの通信回線は日本最大手のNTTドコモと提携しているってご存知ですか。言うまでもありませんが、ドコモと完全に同一の通話品質を享受できるほか、一番気になるサービスエリアもドコモのエリアと同じなのでなんの心配もなく使えます。楽天モバイルの凄さは、NTTドコモのスマホがそのまま使えるというところにもあります。ごく一部を除いた大半の機種が対応しています。楽天モバイルで販売されているSIMフリースマホをセットで購入するのも、もちろんOKです。ドコモのスマホをお持ちの方なら、SIMカードのみの契約で利用可能ですので、わざわざ楽天モバイルにするために高い機種代金を払う必要はありません。楽天モバイルは、安心のドコモ回線を利用できるお得な格安スマホなのです。

セット端末がたくさん!

現在所持されている端末が、楽天モバイルに対応していないという方もいらっしゃるかと思いますが、その場合は、楽天モバイルに対応したスマートフォン本体を購入していただく必要があります。楽天モバイルとセットで購入できる本体は、しかも他のMVNOと比べて豊富なラインナップの中から機種を選択できるのが特徴です。スマートフォンだけでなく大きな画面で使用したいタブレット派の人のためにも、たくさんの端末が用意されています。ただ楽天モバイルにも一つ欠点があり、楽天カードの会員のみが、端末代を支払う際の分割払いサービスを受けられるということです。もし、契約時に楽天カードをお持ちではない場合、スマートフォンやタブレットの本体を買う際に、一括で支払いする必要があります。MNNOの中でもNo.1を誇る機種の多さです。

あまったデータ通信量の翌月繰り越し

それぞれのプランによってデータ通信量は異なりますが、その月によっては、使用した容量が少なかったりなどで、余ってしまう月があるのではないでしょうか。楽天モバイルですと、余った容量を翌月に上乗せして使用できます。余った容量を繰り越せないで、そのまま消滅してしまうMVNOもあるなか、データ通信量の繰り越しができるのは、楽天モバイルのメリットと言えるでしょう。使用していないデータ容量を翌月に繰り越して使用出来、無駄なく使えるのは良いサービスだと思います。

電話料金がお得になる、楽天でんわ

楽天モバイルの「楽天でんわ」は通話料が半額になるお得なサービスです。プレフィックス型通話サービスなので、IP電話とは異なり、発信者番号は通知されるようになっています。当然のことですが、ご自身が普段利用している番号が相手に表示されます。相手には、電話サービスを変えたことは気づかれません。IP電話サービスですと、非通知発信が多いですし、相手方に050番がよく通知されますので、IP電話ということが分かってしまい、使いづらい部分がありましたが、楽天でんわではその心配はありません!また、楽天でんわでかけた通話料にも、通話した分だけの楽天ポイントが貯まるので、Wでお得になります!まだまだ通話のオトクなサービスがあります。

5分かけ放題

携帯電話の大手キャリアであるsoftbank、au、docomoでは、通話時間の長短に関わらず一定の金額で通話を楽しめるプランがありますが、多くのMVNOは通話がかけ放題になるプランを提供していません。格安スマホは料金の点では魅力的だけれども、友達と通話をよくするから乗り換えるのはちょっと不安という方も安心してください。 楽天モバイルの新サービス、月額850円で、1回5分の通話が回数制限なく無料になるという「5分かけ放題オプション」が登場です。この5分かけ放題オプションは、楽天でんわと同等の回線を利用する為、一般電話や楽天でんわと変わることなく発信者番号通知にも対応しており、いつもと変わらない、話し放題の電話を楽しめるのが、醍醐味です。NifMoでも通話し放題サービスがありますが、発信者番号通知非対応のケースが多いというレビューがありました。楽天でんわでは、1分あたり21円ほど通話料がかかるので、1回の通話時間が短い通話(5分以内)を毎月複数回(約10回以上)する方には、楽天モバイルの「5分かけ放題オプション」はとても魅力的ですよね。

到着月は無料

楽天モバイルのお得な特典の一つにSIMカードの契約をすると、初めの一ヶ月は通信・通話料金が一切かかりません。その一ヶ月間というのは、契約してSIMカードを所有した日から料金支払いの締め日までの一ヶ月間という意味です。もし1日にSIMカードが届いたのなら、1ヶ月丸々無料になるということです。ただし、ご利用中の携帯電話会社の解約手数料や違約金との関係もあるので、初月無料だけ目的に、単純に月初めまで待つことが得策とは限りません。ご利用は計画的に。

今月のキャンペーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)